イラスト

アイビスのアナログ線画抽出を除算で!影を綺麗に消すメイキング

アイビスペイントの線画抽出を除算でやる方法

アイビスペイントの線画抽出を使うと、線がめっちゃガタガタになるんですよね。

ところどころ撮影した時の影が残ってしまったり……。

そこで、
【除算を使って綺麗な線画を作る方法】
をご紹介していきます!

ゆる子
ゆる子
アイビス歴が浅い私でも、
たった数ステップこなすだけで
めっちゃ綺麗にアナログ線画を取り込むことができましたよ。
スポンサードリンク

アイビスペイントの除算で綺麗な線画を作るメイキング

まずはアナログで描いた線画をペン入れしてから、スマホで写真撮影をします。

この時、鉛筆やシャーペンの線が残らないように消しゴムをかけましょう。

主線だけをハッキリ描くことで、綺麗な線画を作れますよ。

アイビスペイントのアプリを開いて、データを作成していきます。

「+」マークを押してください。

「写真読み込み」を押して、先ほど撮影したアナログ線画の写真を選びます。

キャンパスサイズは、

  • オリジナル
  • 推奨

どちらでもOK。

高画質のイラストデータを作るなら、
「オリジナルサイズ」を選択しておきましょう。

「線画抽出をしますか?」はキャンセルします。

  1. 画面下の設定からレイヤーを開き、
  2. 「アナログ線画レイヤー」の上にレイヤーを新規作成します。

「新規レイヤー」を選択した状態で、スポイトで色を取ります。

スポイトで用紙部分、
または写真の影部分の色を選んでください。

スポイトで取った色で、画面全体を塗りつぶします。

塗りつぶす時は、
「簡易設定をOFF」
「作業レイヤーを選択」の状態で
行ってくださいね。

ゆる子
ゆる子
作業レイヤーを選んでおくと、
全体を一回で塗りつぶせて作業がラクになります。

「新規レイヤー」のレイヤー設定は
「除算」に変えましょう。

これで、背景の色が明るくなりました!

ゆる子
ゆる子
だけどこのままだと、
まだ用紙の質感が残っています……。

線画を残した状態で画面を真っ白にするには、
数回「除算レイヤー」で色を塗っていきます!

先ほどと同じ要領で「アナログ線画レイヤー」の上に「新規レイヤー」を作り、
背景色で画面を塗りつぶし。

除算レイヤーに設定を変えて背景色を消しました。

用紙質感が完全に消えました!

除算レイヤーは、
アナログ線画レイヤーに「結合」しておきましょう。

全てのレイヤーを結合した状態。

少し線が薄いので、線画の調整をします。

画面下からツール設定を押して、
「明るさ・コントラストの設定」を選択してください。

  • 明るさ
  • コントラスト

をスライダーで好きなように調整して、チェックマークを押します。

このままでは線画レイヤーの下に色を塗れないので、
線画だけ残して「画面を透明処理」します。

レイヤーの設定画面を開いて、
「白を透過(カラー)」を選択。

線画だけ残して、背景色は透明になりました。

以上で、
線画抽出の方法は終わりです!

アイビスペイントでの線画抽出は「除算」で綺麗になる!

通常の線画抽出をするより、
除算を使ったほうがかなり綺麗になりました。

ちなみに、アイビスペイントで取り込んだ線画に色を塗るとこんな感じです。↓

アイビスペイントの除算で線画抽出
ゆる子
ゆる子
線がガタガタする!
写真の影が残る!
という場合には、除算をぜひ活用してみてくださいね。
スポンサードリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。